2019年08月22日

透明なままで 泳げそうな世界だ(山崎あおい「さよならセンチメント」)



山崎あおいが昨日リリースしたデジタルシングル。

去年リリースしたアルバム「FLAT」からの1曲「鯖鯖」の中毒性にハマり、すっかり山崎あおいが書く歌詞の世界観の虜になってしまった。

今年、Juice=Juiceに提供した曲「『ひとりで生きられそう』って、それってねえ、褒めているの?」もいい。
これぞ「The 山崎あおい」と言うくらい歌詞がとがっていて、山崎あおい感が満載。
Juice=Juiceのメンバーの歌唱力・パフォーマンス力も合わさって、魅力を倍増させている。



今回の曲は、夏らしいさわやかな曲。
アニメのオープニングっぽい曲、というのもわかる。

歌詞は先ほどの2曲よりストレートに夏の恋を描いていて、とがった個性は大人しめ。
しかし、楽曲的に本人のblog(https://ameblo.jp/yamazakiaoi/)によるとやりたいことを詰め込んだ曲とのこと。

「サビの頭でドラムを焦らす」「曲の最後で1番2番のサビとは違うことをして、終わるぞー感を出す」「めっちゃ動くストリングスを入れる」の3点は指摘されたら「ここねー」、とわかった。
「大サビの前に今までのメロディーが違うコード進行で入れる」だけは、コード進行は何もわからない人なのでよくわからなかったが、バックで鳴っている音の音階が違うのはわかるので、たぶんそこのことかな?

この人は間違いなくもっと売れると思う。
もっと知名度が上がってもいいよなぁ・・・



◎でらばな

>新規ハードクリア

・Let the Track Flow DPA ☆11
・明鏡止水 DPA ☆11


トリル地獄のLet the Track Flow。久々にやったらハードできそうだったので、やってみたら1発ハード。
明鏡止水はHCNパワーでごり押しハード。BP70超えでハード出来るとは思わなかった(
posted by 新藤みち(別名:じびきあみ or KASSY) at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: