2019年04月25日

零れ落ちるは三分間の正体(そこに鳴る「絶対的三分間」)



そこに鳴るは、鈴木重厚(Gt.&Vo.)と藤原美咲(Ba.&Vo.)に、サポートドラムの志雄による3ピースユニット。
3ピースとは思えないほどの重厚なサウンド。曲名は、東京事変の「能動的三分間」へのオマージュかな?

3分という短い時間にこれでもかとギター・ベース・ドラムを詰め込んだとんでもない曲。
ギターとベースをこれだけのテクニカルな演奏をこなしながらもツインボーカルまでやってしまうという驚異的なパフォーマンス力。
しかも、ドラムとの息も抜群で非常に完成度が高い。
これだけ実力があるのに、なんで知名度がそんなに高くないんだ…?




さーて、もうすぐGW。今年は改元&新天皇即位ということで10連休。
…そんなんワシには関係ないわ!今のところ休みはたった1日分しか確定してないんじゃ!
相手の予定に振り回される仕事だから、GWが今週末になってもいまだに自分の予定がわからない。
こんなんだから、せっかく休みが確保できても近場に行って終わり。
もっと予定が早くわかればいろいろと計画立てられるんだがなぁ…

そんな中、救世主となりつつあるのが2年連続行っている新潟でのフェス。
新潟市内に点在するライブハウスなど数か所で行われるので、当日に参加を決めてもなんとかなるのがありがたい。(今までは前売券購入)
今年も参戦する気満々です。目当ては、このバンドとスぺサン、CRAZY VODKA TONICの3組。ネクライトーキーも見れたら最高やな。
さあ、これから相手との交渉が待っているのだが、なんとか当日の休みを確保できるようがんばる。



◎でらばな

・なし

posted by 新藤みち(別名:じびきあみ or KASSY) at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

どんな未来が こちらを覗いているかな(あいみょん「ハルノヒ」)




映画「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン〜失われたひろし〜」のタイアップ曲。
ダウンロード配信とストリーミングはすでに先行で行われており、シングルのほうも昨日発売。

先日放送された関ジャムでもあいみょん特集が組まれ、音楽性が分析された。
楽譜読めない&コード進行もほとんど知らないのにこれだけの曲を書けるのは、蓄積されてきた音楽性の賜物としか言えないと思う。

※注:父親がPA(音響設備)エンジニアで、子どものころから数多くの曲を聞いてきたという。


それに加えてあいみょん本人の独自の言葉の感性。歌詞表現の参考にしていると、官能小説を読んでいることを公言。
「満月の夜なら」とか完全に官能小説の影響を受けた歌詞だし、アルバム曲では歌詞にセックスとか普通に出てくる。
そんなにエロに対して人目とかあんまり気にしないんでしょうね。

で、もしあいみょん自身が「この映画にタイアップするなら…」という視点で曲を書くこともあると発言。
今回はその経験が見事に生きていると思う。

タイトルの「ハルノヒ」はクレヨンしんちゃんの舞台である春日部から、そして歌詞の北千住駅はひろしがみさえにプロポーズした場所。
そんな作品への愛ともとれる歌詞の表現は、タイアップ曲としては最高の作品になったと思う。



◎でらばな

>新規ハードクリア

・GREEN EYES DPA ☆11


posted by 新藤みち(別名:じびきあみ or KASSY) at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

音楽があなたを救いますように(坂口有望「musician」)



先月発売された坂口有望(さかぐちあみ)のミニアルバム「放課後ジャーニー」の収録曲です。
期間限定の公開なのがもったいない…

坂口有望はあいみょんのように、歌詞が人気のシンガーソングライター。
が、あいみょんとは違う歌詞のストレートさと、明るさが好きですね。
しかもまだ18歳。まだまだ才能がのびてくるはず。

メジャーデビュー曲「好 -じょし-」や「地球 -まる-」など、ひねくれたタイトルの読み方もさることながら、歌詞がいい。
言葉や文字の見た目のインパクトに強いこだわりを持っているのが垣間見える。
特に、「おはなし」の歌詞は、かなり突き刺さる。これが、彼女が14歳のときに書いた曲とは…



yui、家入レオ、miwa、あいみょんといわゆる「ギター女子」が次々と出てきていますが、今後山崎あおいと共に注目すべき人物だと思う。




さて、新年度に入り、入学式がとうに終わったというのに、雪が降るってどういうこと…?
今日は晴れたのでジョギングできたけどさ。それでも寒い。

そんな中健康診断があったのですが、看護師に「去年のデータより体重が減っている」、と。

俺「ちょこちょことジョギングをやり始めて健康的に痩せたんです」
看「あ、そういうことですか。なんかの病気かと心配しました」
やっぱり、元々やせ型の人間は痩せないほうがよかったのでは…?(´・ω・`)

※注:ジョギングを始めたのは、ダイエット目的ではなく健康目的である。意識せず走っていたら約4kg痩せてた。

あとは去年数値が悪かった、問題のコレステロール値である。
去年より改善していることを願いたい。



◎でらばな

>新規ハードクリア

・BLO§OM DPA ☆10
・Glory DPA ☆10

新曲の、☆10でも難しい奴2曲をハード。
アリーナで人が釣れないと、ハード特攻したらあっさりできました。
しかし、BLO§OMのほうは☆11の間違いじゃないのかい?ってくらい難しいぞ…
posted by 新藤みち(別名:じびきあみ or KASSY) at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

変わるだけで大騒ぎは何故なんだろう(ゴールデンボンバー「令和」)



鬼龍院さん、仕事早すぎ!
新元号が発表されて約2時間後の、日本時間4月1日14時ごろにはもうすでにMVがアップされていた模様。
※注:youtubeでの公開日は、アメリカ時間に合わせているようで、3月31日となっている。


今回の元号の変更は天皇陛下がご存命なのでやたらとお祭り感が出ているだが、なぜそこまでお祭り騒ぎになるのか正直不思議。
カレンダー業界や銀行・役所関係は大慌てになるのは理解できるのだが、それ以外の人がそんなに騒ぐことか?
ただ単にマスコミがあーだこーだ騒いでいるだけのような気がする。
だが、今上天皇には「30年以上も象徴天皇としてのお仕事、お疲れ様でした」と、敬意と感謝を表すべきだろう。


ゴールデンボンバーは常にふざけているように見えるが、むしろ鬼龍院の曲作りのこだわりはガチである。
曲は完全にブチアゲ系EDM。さらに、編曲は2DXでお馴染みのDJ Mass。…こんな仕事もしてるんや(
他の3人は…何やってるんだ?(


ゴールデンボンバーはNHKドラマ「トクサツガガガ」のテーマ「ガガガガガガガ」を担当したり、「令和」を真っ先にNHKでパフォーマンスするなど、ここ最近NHKへの貢献が目立ってきた。
再びゴールデンボンバーが紅白に出場することもありえるのでは?

※注:紅白出場のカギの一つに、「NHKへの貢献度」があるといわれている。
   実際、去年SuchmosはNHKのW杯テーマを担当することで、紅白出場を果たした。


◎でらばな

>新規クリア

・50th Memorial Songs -Beginning Story- DPA ☆11
・NEO GENERATOR SEVEN DPA ☆11
posted by 新藤みち(別名:じびきあみ or KASSY) at 23:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする